• インターネットバンキング
    ビジネスWEBバンキング
  • かりる(ローン)
  • ためる(預金・積金)
  • ネットde簡単!しんくみローンサーチ
  • セブン銀行なら手数料0円
  1. 会津
  2. 当組合について
  3. ご挨拶

ご挨拶

酒井理事長 会津商工信用組合

 皆様には、日頃より“あいづしんくみ”に対しまして格別のご愛顧・お引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
 お陰様で当組合は、平成28年10月15日に創立60周年を迎えました。
 これも偏に組合員、お取引先を始め地域の皆様方の永年に亘る心強いご支援・ご協力の賜物と厚く御礼申し上げます。
 今日までの60年間、当組合は皆様のご期待に応えるべく、設立時の趣意を忘れることないよう「創意・奉仕・挑戦」を信条として、皆様と共に歩み、「地域社会・顧客への貢献」を第一義に掲げ、地域経済の活性化に資する取組みを進めて参りました。
 会津地域の経済状況は、東日本大震災から5年半経過しておりますが、未だに風評被害が残り、人口減少、少子高齢化とも相まって、主要産業の業績は震災前まで回復しておらず、雇用面も含め引き続き厳しい状況が続いております。
 このような中、今般あいづしんくみは、会津若松市、喜多方市、会津坂下町、会津美里町、西会津町、磐梯町、湯川村の7市町村様と「地方創生の実現に向けた包括的連携に関する協定」を締結させて頂きました。
 金融機関は、地域の成長戦略の実現のため、地方公共団体との連携が求められており、現在、創業支援においてあいづしんくみは国の産業競争力強化法に基づく創業支援計画の認定を受けた7市町村様と特定創業支援事業(あいづしんくみ創業塾)で連携を図っているところでございます。
 今般の包括的連携に関する協定締結により、地域経済の活性化のみならず、地域の文化・スポーツ・芸術の発展・環境保全に関することなど、幅広い分野で連携することにより活力ある市・町・村の実現に向けて大きく前進することとなりました。
 今後も引き続き、地域に根差した信用組合としての役割と責任・使命を果たすべく、これまで以上に地域の皆様に貢献できるよう役職員一丸となり業務に邁進して参ります。
 創立60周年を機に、信用組合の原点に立ち還り、多くのお客様との面談を重視して「あいづしんくみファン」を増やし、また、お客様の信頼に応えられる「自ら考え、自ら行動する」高いスキルを身に付けた人材の育成に取組み、「地域になくてはならない金融機関」を目指して参る所存でございます。
 何卒、皆様におかれましては、今後共変わらぬご支援・ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年10月15日   
理事長 酒井 幸一 
 
PAGETOP